園長室だより

感動の積み重ね

朝の送迎バスで、5秒間でも、お母さんたちとチョット話を聞くのも、私のブログ材料になります。

今朝は、5歳の女の子が、頼んでもいないのに、洗濯物を、上手にたたんでいたのに感動した、というお母さんの話です。幼稚園でも、すっかりお姉さんになってきたなあと感じていたので、おうちでも、そうなんだ‼と、嬉しくなりました。

生きる力は、日々の生活の中から育つ、と言われています。お母さんが、そのことをきちんと実践し、見つめる心を醸成していらっしゃる姿勢は、すばらしいものです。

お母さんの心が、お母さんの目が、この子を成長させているんだと、改めて思った、朝一番でした。忍耐力、想像力、創造力、探究心は、教えて育つものではなく、自らが、周りの環境から取得するものではないでしょうか。

3歳に やられた‼

「三つ編み、可愛いね。お母さんが編んでくれたの?」と、3「イラスト 女の...」の画像検索結果歳の女の子の髪型をほめました。ニコッとして嬉しそうです。「すごく、かっこいいよ」と言うと、「違う。かっこいいじゃなくて、かわいいでしょ‼」プッと吹き出しそうになりましたが、こういう経験は、過去幾度とありました。

どうやら、男の子は「かっこいい」、女の子は「かわいい」が、褒め言葉のようです。「先生は、園長先生でしょ。間違ったらダメよ」と注文を受けました。

子どもの目線に立って話す…って、このことか・・・、でも、子どもにやられるって、不思議と、いい感じ‼  (2/14)

幼稚園 楽しそう・・・

IMG_0411-1 IMG_0412-1 29年度、新入園児さんの体験保育が始まりました。本日のお客さんは、6名です。

最初は、ちょっと引っ込む子もいましたが、在園児の優しさにつられて、園庭で遊び始まました。子どもは、すぐに友達になれるものですね。

お弁当も、各部屋に分かれて食べました。お母さんとIMG_0414-1一緒に食べた子もいれば、一人で食べることができた子もいます。待機しているお母IMG_0410-1さんの方が心配顔でしたが、ドンマイ、ドンマイ‼ ほ~ら、にこにこして戻ってきましたよ。

参加者全員で、フルーツを食べた頃には、すっかり慣れて、さよならのタッチをバン、バン‼ 親子で、楽しいひとときを過ごしました。(2/10)

楽しい会食

今日から、卒園児さんとの園長室会食を始まました。

22名のさくらさんを、木・金のお弁当の日に振り分けました。第1号のお客さんは、少し緊張しながら、それでもワクワクしながら入ってきました。3人のお嬢さんのお弁当は、栄養も見た目も工夫された、かわいいお弁当です。

「園長先生は、ここで自由に過ごしているんだ。」と、ぐるりと見回されたら、IMG_0409-2ドキッとします。年長さんともなると、こんな見方ができるんだと、嬉しくなりました。早く1年生になりたい。勉強したい。園長先生の事を知って楽しかった。等、積極的な本心を見せてくれ、とてつもなく可愛くなってしまいます。

全園児に目は配っても、こうして、ゆっくり向き合うと、新しい良さを発見し、私の心も豊かになるというものです。(2/9)

1年のしめくくりは もちつきで

もちつき 006-1 もちつき 011-1 もち米30㎏、ぜんざい大鍋3つ、総勢200人で、もちつき大会をしました。早朝7時から、3~4人のお父さん方の火おこしから始まり、職員も忙しく立ち回ります。ぜんざいは、前日から「いただきますの会」のお母さん方が、腕をふるって用意してくださいました。ゾロゾロゾロゾロ、人が集まり、もちつき 003-1「さあ、つくぞ‼」もちつき 009-1

最初は、やっぱり力持ちのお父さん方についていただき、幼稚園のお供え餅を、みんなで丸めました。お次は、子どもたち。お父さんに手を握ってもらってヨイショ、ヨイショ。初めて杵を持つ子もいて、よい体験になりました。しょうゆ餅、きなこ餅、ぜんざい…お好きなものをどうぞ。「やっぱり、お餅が入っているぜんざいが、おいしいね。」と言う声が、たくさん聞こえました。

もちつき 004-1朝3時ごろには雨がポトポト降っていましたが、もちつき 015-1やっぱり晴れてくれました。いいえ、晴れ女のおかげではありません。こんなにも大勢の人が、同じ気持ちで、餅つき大会を盛り上げてくださった、しおみ団結のおかげです。

親子で共有する場を持つことは、子どもが安心し、やる気につながるものなんです。餅は、喜び、幸せの象徴と言われています。来年も、全ての人々に幸せが来ますように願いながら、しおみの1年をしめくくります。(12/23)

思い出を ありがとう

転勤族のご家庭が多い潮見幼稚園です。今月も、お父様の転勤で、引っ越すことになりました。引っ越しの際には、どのお母さま方も、ご丁寧なお手紙を残していかれ、その度に、涙しております。また、たくさんのお母さま方がお見送りに行かれ、涙・・・、涙のシーンであったと聞いております。しおみのお母さま方の結束、仲良しに、感謝、感謝でございます。

「御世話になりました。潮見幼稚園との出会いは、本当に奇跡でした。園長先生は、初めてお話いただいた時から、元気と安心をいただき、入園を決めることができました。今では、息子と私は大切な人ができ、別れが辛く、淋しいですが、出会いに感謝し、次また会える日を楽しみに頑張っていきたいと思います。シュタイナー教育も、まだまだ勉強したかったです。1年も過ごせませんでしたが、潮見幼稚園での生活全てが私達親子にとって、良い思い出になり、宝物です。これから先も、潮見幼稚園精神を忘れずに、日々取り入れていきたいと思います。最後まで、楽しくてたまらない毎日をありがとうございました。お体を大切に。」

こんなお手紙に励まされ、お子様をお預かりしている責任を、今以上に感じるのです。(12/23)

いつまでも 気がけてくれてありがとう

朝、まだ薄暗いうちに出発するバスの窓の向こうから、手を振ってくれる5年生の男の子がいます。5年生ともなれば、さらに、男の子となれば、照れ屋の時期なのに、バスと会えば、必ず手を振ってくれるのです。些細な事のようですが、私にとっては、毎朝感動の時なのです。

また、ある場所では、集団登校中の列の中から、バスを見つけては、手を振ってくれる1年生の女の子がいます。「バスの中の園長先生と会ったよ」、と、おうちでも話してくれているとか・・・・

卒園してからも、こうしたつながりを保てることは、私たちにとっては、心強い励ましになります。テレビや風の便りなどで聞く、卒園生の活躍を知った時には、私も必ず電話をするように心がけています。(12/22)

「今を大事に」

2階では役員会、お母さんの部屋では、カレーパン作り、IMG_0447-1   IMG_0486-1園舎の隣では、書道サークル、山祇公民館では、おやつ作り、降園時には、へなそうるのお母さん方による読み聞かせ・・・・。

子どもたちが知らない所でも、お母さん方が、何かの活動をしていらっしゃいます。子どもたちのために、お母さん自身の癒しのために・・・と、さまざま。幼稚園に、子どもを預けるだけでなく、親も成長しようという意欲満々です。幼稚園が、毎日、活気づいているのを強く感じます。良いものを・・・、良いものを・・・・と、工夫される、そのパワーに、もう降参です‼

見てください、夏祭りの、この案内。絶対行きたくなりますよね。「今を大事に」という言葉が大好きです。親子で、一つ一つの行事を、丁寧に、最高にやり遂げていけば、子どもたちに、しっかり身についていくはずです。小さな積み重ねこそ、きっと、大きな花を咲かせることでしょう。(6/29)

ことばの力

お母さんたちと話す機会あがあり、「ことばの力」の重みを、改めて考えさせられました。何気なく語った言葉が、相手に、勇気を与えたり、心が軽くなったり、さまざまな効果があったことを知りました。

大人でさえ、こうなのだから、子どもには、もっと影響を与えるのだと気づかされます。眼には見えない言葉が、命そのもの。豊かな言葉に包まれて育っていく子どもは、豊かな人格を形成するのです。

読み聞かせあり、ほめ言葉あり、叱り言葉あり、生活の躾あり。みんな、みんな、子どもたちを、すばらしい言葉で包んであげたいと思います。(5/18)

株式会社「しおみ」

話してみないと、わからないものですねえ。3日間のクラス懇談会の後IMG_0182-2に開かれた各クラスのランチ交流会は、とても楽しく、発見の連続でした。それは、自己紹介での、お母さん方 の趣味・特技‼

ヘエーッ、すごい‼ ウワーッ、すごい‼ みんなでほめ合いです。この場がなかったら、知らなかった・・・・。「会社ができるよね。」と、ヒソヒソ話です。IMG_0183-2

IMG_0188-1お母さん方全員が、輝いて見えます。そう言えば、これまでの夏祭り・秋祭りのアイデアがすごいですものね~。

「一人一役」を基本に、全ての行事を、みんなで仲良く、全員参加でこなしていらっしゃる、しおみ父母の会に乾杯‼ 職員も負けられません。(5/12)